« 決算在庫棚卸 | トップページ | 朝礼 »

プラムバイオマス

和歌山県がバイオマス利活用マスタープランとして

木質バイオ、アグリバイオに次いで計画しているのが

「プラムバイオマスモデルの構築」だそうです。

 

田辺保健所が主催した「調味残渣の適正処理に係る研修会」で

梅加工業界から発生する梅酢、調味残渣や

調味廃液浄化汚泥等の利活用に取り組んでいる報告が

県庁エコ農業推進室の方からありました。

 

それによると、梅酢はほぼ100%再利用されているが、

梅酢より量の多い調味残渣は、まだ3分の1くらい

しか再利用されていないそうです。

 

地場産業の要、梅干業界にとってとても重要な事ですからね。

私たちも無関心ではおられません。

 

コストになるのか、

資源になるのか、

大きな分かれ目です。

|

« 決算在庫棚卸 | トップページ | 朝礼 »

お仕事」カテゴリの記事