« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

台湾、見てある紀 その2

2006825_040 ご存知「国立故宮博物院」はロンドンの大英博物館、パリのルーブル博物館、ニューヨークのメトロポリタン博物館と並ぶ世界4大博物館のひとつ。中国5千年の文化を誇る国宝級の展示物は65万点もあり、全て写真撮影禁止です。台湾を独立国と認めない中国の立場はこの遺産の存在も大きく影響していることでしょう。

草津から来た親子は若干退屈そうでしたが、他のみなさんは目を見開いて熱気溢れる展示室での2時間を有意義に過ごされていました。

20068252_013_1 台北市役所の向こうにそびえるビルは一昨年の大晦日にオープンした「TAIPEI 101」 。正式名称は「台湾国際金融センター」で高さは508m、101階建で世界一!ギネスブックに載っています。テナント料は台湾一の水準になっているとのことでした。

Taipei_101 航空写真でみるとその巨大さがより一層わかります。エレベーターも世界最速の時速60km!89階の展望台まで、わずか37秒です。かごの中にはスピード表示もありました。

上昇する感覚がなく静かでゆれが全くない、しかも不思議と耳が痛くならないのでガイドさんに聞いてみると、世界初の「気圧制御システム」を採用しているとのことでした。ちなみに、このエレベーターは東芝製でしたので安心して載れました。

20068252_016 地下鉄「MRT」は現在6路線。車両は川崎重工製。「TAIPEI 101」が熊谷組なので台湾でも日本の大企業がどんどん受注していることを実感しました。改札は「ICOKA」のような非接触型カードでした。駅構内は液晶画面の広告があちこちに。近代的な地下鉄は市民の足として受け入れられ、今後毎年1路線ずつ開通予定だそうです。

20068252_031 「台湾といえば夜市、夜市といえば士林」を思い出す方は、結構、台湾通とか。あんまり興味なかったのですが、次から次へと押し寄せる人、人、人・・・!すごい人手に圧倒され、台湾人の熱気とパワーが炸裂していました。東京のアメ横でもなく、香港の女人街でもない、なんともいえない雑踏と香辛料の香りが混ざっていました。

20068252_023 明らかに日本でいうところの「100均」。10元=約40円ですので、「40均」ってところでしょうか?ここには何でもあるのですが、欲しい物は何一つありませんでした。あちこちと色んな店で値切りを楽しんでいる方もありましたが、値切らなくても安いものばかり。あまりそういう楽しみ方を知らない私には縁のないところでした。でも、会社で使うスリッパを買っていこうかな?と思う自分に少し違和感を感じたのも偽らざるところでした(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

みなべの町紹介その10

2006822_030 「和歌山県立南部高等学校」を卒業して、早27年。当時とは比べ物にならないほど随分きれいな建物、周辺道路に変わりました。手前の道路は狭い銀杏並木でしたし、体育館への渡り廊下ももちろんありませんでした。クラブの部室も新築できれいになり、食堂も見違えるようになっています。同級生が事務所にいるので懐かしさが人一倍です。3年間の学び舎を巣立って京都へと下宿するようになった当時のことが走馬灯のように想い出されます:*:(*´ー`)

ちなみに本日27日は私の誕生日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾、見てある記

2006824_006 2006824_008_110年振りに台湾に来ました。

まずは、戦争で犠牲になった兵士を祀っている「忠烈祠」でのあまりにも有名な衛兵交代。朝から観光客で一杯でした。写真の若者は緊張のためか、目の前で銃を落としてしまい、特訓が決定だそうです。

2006825_012 「中正紀念堂」の「蒋介石像」。中国革命を指導し、台湾を治めた蒋介石はここに祀られているのですが、蒋介石の死後28年たった2003年、奥さんは105歳でニューヨークで亡くなったとのこと。未亡人が長生きするのは古今東西を問わず(~ヘ~;)

2006825_019 台湾名産の梅干。中国産に替わってしまった日本ではほとんど見られなくなったが、ここでは土産物として売られていました。甘口、辛口など色々あるようです。ビールやお茶のつまみにどうぞ、と勧められたが、台湾人も梅干を結構食べるらしい。

20068252_014 台北の登録自動車数90万台に対し、タクシーはなんと7万台も。世界一の密集度とのことでした。車体は全て黄色にペイントされているのでわかりやすく、タクシーが道に溢れている感じ!

運転手は貧しいので日本語が出来る人はほとんどいないらしい。日本語の出来る運転手はもぐりなのでぼったくられないよう気をつけるように、とのことでした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなべの町紹介その9

2006822_014 「南部中学校」は小学校から駅前通りをはさんで道を隔てた南側にあります。ここも3年間通いました。テニス部に所属して浜のランニングやラケットの素振りなどスポーツに目覚めたところでもありました。私は運動音痴なので残念ながら群大会で3位が精一杯でしたが、昨年校長として定年退職された望月先生に指導された後輩たちは近畿大会で優勝したり、インドアで大活躍したりと、今日まで続くテニス王国への出発点となりました。

2006822_035 一番海側にある建物が体育館。 なんかちょっと変わった形していませんか?

鉄腕アトムという人やウルトラマンという人など、ユニークな形状の屋根ドームが国道を行き交う車に南部中学校を印象付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなべの町紹介その8

2006822_012 町立図書館「ゆめよみ館」の隣にある「みなべ町立南部幼稚園」。

かつて幼い私も2年間通いました。現在はカラフルな配色できれいに塗装されています。

南部小学校2006822_008 http://www.cypress.ne.jp/minabe-e/も文教地区の中心にあります。

もちろん私も6年間通い、皆勤賞をもらいました。

今でも近くに小学校時代の恩師がおります。

2006822_007上の写真は正門なのですが、生徒はグラウンド近くの「浜玄関」(下の写真)から教室に入るようになっています。下足箱がずらっと並んで、雨の日などは送り迎えのマイカーで埋まる名所です。

バックネットのところに重機が座っています。

2006822_006

現在、耐震校舎への切り替えのために夏休みを利用して、仮設校舎を建設中で、給食設備も整える予定だそうです。

長年慣れ親しんできた校舎ともいよいよお別れ。来年には最新の校舎へと生まれ変わることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなべの町紹介その7

2006822_027 みなべ町は「日本一の梅の里」。高速道路を降りると先ず目に飛び込んでくるのが、この看板。結構インパクトあります!費用も相当かかっているようですが、金額は丸秘です。でも、それ以上の効果絶大!!梅の町みなべを象徴する看板です。町内をよく見渡してみるとあちらこちらに梅のPR看板が散見されますので、今回はいくつか紹介しましょう。

2006822_028 国道424号線に別れを告げ、梅林方面に行くと最初に出会うのがこの看板。南部梅林への案内がしっかりされていますので、県外などから観光などでおいでの方はぜひご覧下さい。毎年2月の観梅シーズンともなるとすごい車の列が出来ます。

2006822_025 梅林方面には行かずにJR高架をくぐり国道42号線方面に出ると、まず最初に見えるのがこの看板です。南部ライオンズのボランティアで作られたオレンジ色の目立つ看板が鹿島神社の入り口に設置されています。以前ご紹介した「やしの木通り」沿いにあります。

2006822_050 更に国道を白浜方面に走らせると今度はみなべの町章がついたこの看板が。多分役場が発注したものでしょう。(間違っていたらごめんなさい。)みなべ町の中でも温泉付きの一等地、「鹿島台」と「梅が丘」の間にあります。

他にもあちこちにいろんな看板があるので、探してみるのも面白いかもしれません。気が付かれた方はご一報を。そして、みなべ探訪の際にはぜひご参考に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターンシップ

2006822_054 今日から2日間、南部中学校http://www.cypress.ne.jp/~minabe-j/のインターンシップが始まります。当社には、近くに住む山中翼くんが来社されました。大勢の中学生に就労体験をと企画された中学校の先生方には、夏休みにもかかわらず大変ご苦労様です。以前には高校生や小学生、障害者の授産者施設からも受け入れたことがありましたが、記憶に間違いがなければ中学生は初めてです。多感な年頃の中学生に当社がどのように映っているのか、興味のあるところです。

2006822_055_2 2日間という短い間ですが社会研修のお役にすこしでもお役に立てればと思います。本日の担当は配送部の小谷係長が午前中、午後からは川口くんです。では、気をつけて、いってらっしゃい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真撮り開始!

Pic_0269  始まりました、写真撮り。やっと40枚。目標は400枚なので、まだ一合目。先の長さに眼がくらみそうです。

でも、千里の道も一歩から!「パッケージメイト」に我が社の将来がかかっています。頑張らなくっちゃ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏はやっぱり、納涼例会!

2006818_004_1 今日は年に一度の納涼例会。毎年これを楽しみにされている方もおられるとのことで、新入会員3名と事務局から2名、他に会員参加者8名で結構賑やかになりました。

場所は南紀白浜ナギサビール直営レストラン「BARLEY」です。http://www.nagisa.co.jp/contents/barley.html

2006818_003_1 写真左側の眞鍋社長は、真夏中流行っているお店にご満悦のご様子。私も久しぶりに美味しいビールが飲めるとあって、コクのある贅沢なビール「ペールエール」を2杯、世界最高級のアロマホップ、チェコのザーツを使用した「アマリカンウィート」を3杯飲み干してしまいました。

右側の北尾さんは今年の新入会員のホープ。さっそく4月の例会に報告者として登場してくれました。http://www3.cypress.ne.jp/w-doyu/2006yotei4.html

2006818_001_2 声の大きなお二人はもちろんこの方々。左側の秋月社長は日本自動車車体整備協同組合連合会青年部会の幹事の要職についておられます。http://jabra.nuks.jp/gaiyo.html

右側は知る人ぞ知る五鬼継社長。全国展開にもますます拍車がかかっています。http://www.nwn.jp/kakokizi/20040911/nimen/nimen.html

2006818_005_1 少し遅れて参上したのは、「社会福祉法人 ふたば福祉会」のエース、清水君。http://www.ko1.org/shisatsu/02/jonin/tanabe.htm上富田のサッカー指導者として大活躍中!和歌山のレベルの高さにたびたび泣かされながらも、クラブチームからプロのJリーガー輩出の夢に燃えています。

2006818_002_1 おっと、忘れてならない紀南支部リーダーの2ショット。左側の笹野さんは「BARLEY」の仕入先でもあります。美味しい料理の数々。特に新鮮な海老は美味しかったですね!

右側の光吉さんはお父さんの代からの同友会メンバーです。老舗の看板に更に磨きを掛けた、新進気鋭の税理士。地元では「田辺はまゆうロータリー」でも活躍中です。http://www.aikis.or.jp/~t-hamayu/meibo.html

2006818_007 お酒の席にも関わらず、やれ経営指針がどうの、やれ社員教育がこうのとうるさくて申し訳ありませんでした。反省することしきりです。

美味しいビールは美味しく飲まないとね!また、「BARLEY」に来ますよ♪http://www.nagisa.co.jp/今度は県外のお客さんを連れてね(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

みなべの町紹介その6

昨日の高校野球準々決勝 智弁和歌山VS帝京の逆転サヨナラの熱戦はすごい!の一言でしたね。よく言われる「最後まで諦めない」ということがどんな言葉より事実としての重みを感じさせてくれました。選手のみなさんお疲れ様。そして素晴らしい感動をありがとう!

2006817 さて、今日は「MI館」のご紹介です。以前は「紀州信用金庫南部支店」でした。(現在「きのくに信用金庫」様、駅前に移転済み)。商店街の目抜き通り中心にあるので、現在は商工振興のために色々と活用されています。また、当社の会長もお世話になっている「南部ライオンズクラブ」の事務局もあります。「MI館」利用検討委員会メンバーの方々のご苦労が大いに報われる地域活性化案がまとまることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みなべの町紹介その5

今回はある方のブログからのみなべ町紹介です。その方とは「ローカルジャンクション21」の代表、朝田くに子さんhttp://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/324.html

国土交通省の事業で地域振興アドバイザー派遣事業「みんなで考えよう賑わいのあるまちづくり」ワークショップでみなべ町に派遣されたアドバイザーです。主として食農教育への造詣が深く、私は残念ながら参加できませんでしたが、当日参加された23名はみなべ町の10年後の夢を大いに語られたそうです。

では、朝田さんがブログに書かれたみなべ町紹介をぜひご覧下さい。http://lj21.seesaa.net/article/21702764.html#more

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最近、映画観ましたか?

Photo_29 映画「ユナイテッド93」を観ました。9.11NY同時多発テロの真実を映画化したもの。最初の方は管制塔のシーンばかりで結構眠たかった。でも、話が進むにつれてどんどん肌が寒くなって頭がクールになっていくのが分かった。ラストシーンは想像できたけど、実際に起きた事を再現しているからこそ、CGを多用している最近の映画とは比べ物にならないくらいのインパクトがありました。2度も観ようとは思わないが、生きているうちに観てよかったと頷けるほど重い映画に久しぶりに出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなべの町紹介その4

2006730_008 本日は、みなべ町立図書館「ゆめよみ館」のご紹介です。先日ご紹介した紀陽銀行南部支店から道路を挟んでお隣にあります。旧南部町の庁舎跡に建てられ、周辺にはみなべ幼稚園、南部小学校、南部中学校とまさにみなべ町の文教地区ど真ん中にあります。http://www.town.minabe.lg.jp/tosyokan/information/index.html

HPによると一日平均の入館者はなんと307人、貸出数は398冊。身近な図書館を利用している方が多いってことですね!

貸し出し状況をネット検索しました。過去1年間のベストリーダーは、一般図書が小川洋子の「博士の愛した数式」。他に宮部みゆきや東野圭吾、さくらももこの作品などが続いています。ちなみに児童書のトップテンは原ゆたかの「かいけつゾロリ」シリーズがゾロゾロ!そういえば我が家にも何冊かころがっていました。くらしのコーナーでは主婦の友社のおかず関連の本やJTBなどの旅行関係の本が多く借りられているようです。更に年間予約のトップはリリー・フランキーの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」。家族がテーマの長編力作ですね。

6万冊を越える蔵書があるので、みなべ町の知的財産です。私も新聞をまとめて読むときに利用してます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本社にズームイン!

2006811_004 当社にもう少し近づいてみましょう。1階は事務所兼小売店舗になっています。事務所は左側のドアが社員専用となっています。運送屋さんもここから入ってきたりしますけどね♪14名の男性社員と6名の女性社員が出入りするので日中は結構活気があります。2階には大きな看板が。特に役場方面から来た時には正面になるのでよく見えます。

2006811_002 一般の方は右側の両開きのドアから入れます。時々、ドアの前にジッーと突っ立っている奇妙な方を見かけますが、「自動ドアかと思たよ。」とか言いながら頭を掻いて入ってこられます。すみません、手動ですのであしからず ^_^;

2006811_006 この夏の時期は一年中でも大変忙しくなります。近所の農家の方が土用干しした梅干を詰めるポリタルや袋などを買いに来られるので来客が絶えません。コミュニケーションが伴う対面販売なので、いつも事務をしている女性スタッフは大粒の汗を流しながら、でもにこやかに対応しています。地元の農家さんあっての梅干産業ですからね。いつも感謝していますm__m 人気ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児嶋さんとの長いお付き合い

200689_006 「やる気経営塾」でお世話になっている児嶋さんです。相当昔の話になりますが、児嶋さんがかつて「和歌山県中小企業振興公社」職員だった頃、梅干加工業者への包装機械などの割賦制度利用で大変お世話になりました。現在は「(財)わかやま産業振興財団」の経営支援部副部長さんに出世されておられます!私が仕事を始めた頃からずっとつかず離れずなので本当に長い付き合いになるのですが、いつまでもお若く元気にお仕事をされているので、大変嬉しく思います。今後ともよろしくお願いいたします(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなべの町紹介その3

2006730_010 南部駅から駅前通りを海岸に向かって歩くこと2分と15秒、北側に見えてくるのが「南部郵便局」です。昨年来小泉郵政改革で注目されるところとなりましたが、日本郵政は傘下4会社のうち、「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命保険」を民営化4年後の平成11年に株式上場するとの計画だそうです。みなべ町にも上場企業の店舗がまた一つできるんですかねぇ。

2006730_009 上場企業といえば忘れてならないのが「紀陽銀行」。http://www.kiyobank.co.jp/index_flash.html

南部支店は郵便局から更に海岸よりに徒歩35秒。一番利用頻度の高い銀行です。ホームページを見ますと、預金金利は期日指定定期の1年物でやっと0.250%ですか。100万円で税引き後2000円。相変わらずのすずめの涙には違いありません。でも私たち中小企業からみると貸出金利の上昇が今後どのようになるのか、ホント大変気になりますね(~ヘ~;)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

オープンキャンパス

200686 京都女子大学のオープンキャンパスに行ってきました。写真は学食でのスナップ。メニューの中では「ふわふわオムライス ハヤシスープかけ」が大人気!すごい行列が出来ていました。ちなみに私の娘は右側で、左側は同級生のお友達です。

京都の気温は38度!やはり親子連れが結構多くて、みなさん気温に負けない真剣な眼差しで説明に聞き入っていました。一般試験は来年ですが、公募推薦まではあと3ケ月。今年中にいい結果が出るといいんですが^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WEB通販ミーティング

200685_001 写真はエイムの杉本社長さん。当社WEBページのコンサルタントです。大変な勉強家で色々なアイデアやワザを持っておられます。打ち合わせの度に新しい気付きを得られますし、ともすれば安直になりそうな私を常に励ましてくれる「メンター」の役割もしてくれます。

200685_002 お次はサンクスの西原専務さん。若いながらネットへの熱い心意気を静かに醸し出しています。高いスキルと新しい感覚で現在の当社ホームページを作成してくれました。ショップのページは9月末のオープンに向けて現在工事中です。

このお二人の力で、WEB通販サイト「パッケージメイト」が見事立ち上がる日をお楽しみに(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットショップセミナーで

200684 昨日の「やる気経営塾・ネットショップ開店セミナー Bコース」でお隣さんになった物部さんです。田辺市鮎川で備長炭を作っておられます。色々お話をお聞きしますと、ただの備長炭ではないんです。なんと、マッチ一本で火がつくんです。「えっ?あの備長炭がチャッカマンいらず?」 そうなんです。名づけて「着火炭」!世界でここだけにしかないレアものです。へぇ、欲しいなぁ。・・・・・・と、ちょっとコマーシャルでした。

お隣になったのも何かのご縁です。当社は「パッケージメイト」の名称で通販を予定しています。今後ともよろしくお願いしますm__m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなべの町紹介その2

2006730_007 前回ご案内した「南部駅」から南部梅林方面に徒歩で4分と15秒(実際に歩いて測りました!)で当社に到着します。ブルーの壁面に「南紀ポリエチレン株式会社」の文字がハッキリ浮き出ているのがわかりますか?丁度交差点にありますので分かりやすいです。写真の左上に写っている看板に「みなべ町役場第一庁舎 400m」とあります。この方向に歩いて4分と10秒(これも実際歩きました!)で「青い海に抱かれた梅香る町」みなべ町役場に到着です。

2006730_006 合併前に建てられた庁舎は田園風景の中でどこからでも見渡せるきれいな建物です。ホームページにはみなべ町の魅力が満載!ぜひ覗いて見てください。http://www.town.minabe.lg.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キックオフミーティング

200682_002 和歌山の同友会事務所(作戦本部)で教育事業部のメンバー全員が初めて揃いました。まずは、教育事業部としての経営理念の確立。松井さんのリードで喧々諤々、いろんな意見がでました。最後に「同友会の3つの目的」になぞらえてまとめて頂きました。

①よい教室をつくろう!:自分が学び考えること、お互いに意見しあうことを通じてやりがいを感じるような教室をつくろう。

②よい経営者になろう!:お互い理解しあい、仕事を楽しもう。

③よい生徒・保護者をつくろう!:コミュニケーションを取り合うことで信用を構築しお互いに成長しよう。

教室の担当も決定。9/20開校予定の「六十谷校」は中村さんと江口さん。9月27日開校予定の「紀伊駅前校」は坂下さんと上野さんです。誰かが「フレッシュコンビ」と「ベテランコンビ」といっていましたが、これがベストとみんなで考えて決定した布陣です。いい意味での競争とシナジー効果としての協力で和歌山に新しい風を起こしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会長面談

200681 朝礼での自己紹介の後、会長面談を行った教育事業部の3人はとてもいい笑顔です。会長も本当に久しぶりの新入社員にご満悦のご様子。会社の歴史を立て板の如くおしゃべりされました。こうして我が社の新しい歴史のページはまた一つ増えていきます。

もちろん包装事業部もこれからですよ!WEB通販事業の「パッケージメイト」も準備中。地元では前頭でも心意気は横綱相撲をとっていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »